ナイトウタカシ建築設計事務所

家創りの流れ

何から始めたらいいのか分からない家創り。
新しい家でどんな生活をしていきたいのか?
まずはそこからお話を進めましょう。

まずはお気軽にお問い合わせください。

おうかがいした内容から
ご提案をさせていただきます。

まずは、家創りでこだわりたいことや、そこでどんな暮らしをしていきたいか・何に困っているかなど、ざっくばらんにお話をうかがいます。矛盾していても、うまく言葉にならなくてもいいんです。思っていることは何でもお聞かせください。
おうかがいしたお話を整理しながら、最初のご提案をさせていただきます。

for example

  • 趣味のアウトドア用品の収納スペースがたくさん欲しい。
  • とにかく、掃除しやすさが大事。
  • 自分たちの老後のことも見据えた設計にしたい。
  • 見た目だけでなく、快適で過ごしやすい家にしたい。
  • 長い目で見た時に、メンテナンスしやすい家にしたい。

提案内容を、
じっくりご家族で検討してみてください。

この時点でのご提案内容は、完成形ではありません。
「もっとこうしたい!」ということを、ご家族でじっくり話し合ってみてください。
また 提案内容だけでなく、生涯のパートナーとして
価値観や感性がマッチするかどうかもご検討ください。
何か気になることがあれば、改めてお打ち合わせさせていただくことも可能です。

ここまでは基本的に無料です!

ご契約いただけたら…

本格的に家創りがスタート!

いよいよ本格的な設計に入ります。
最初のご提案内容から「もっとこうしたい!」という想いをお聞かせください。
何度もお話しを重ねながら、理想の住まいのカタチを探っていきます。

こだわりたいこと、実現したいことを
叶えるアイデアがいっぱい。

ご要望を叶えるためにどんな方法が考えられるか、沢山のアイデアをご提示します。次にお会いするまでに、どれをチョイスするのか、ご家族でじっくりご検討ください。もしも決められなかったら、それでも構いません。なぜ決められなかったのかを更におうかがいして、より良いアイデアをご提案します。理想の我が家のイメージが、段々とカタチになってくるこのプロセスは、家創りの中でも特に愉しい時間です!

  • こだわりたい部分は、すべて自分好みにセレクト。
  • 選んだあと、「やっぱり変えたい」もOK!
  • 家創りのアイデア探しにショールームへもお供します。
  • 整理・収納のスペシャリストをご紹介。整理収納アドバイザー 小川奈々さんと収納計画から家を考えませんか?

想いをすべて盛り込んで、
設計案とお見積りをお出しします。

ここで、想定より予算がオーバーすることもしばしば。
でも、何を優先させるのか、他の方法で実現できないか、
いろいろな可能性をさぐっていきます。

設計が決まったら…

より詳細な設計を開始。
最終的なお見積りをお出しして
施工業者と工事請負契約へ。

大まかな設計が決まったら、更に詳しい実施設計を進め、最終的なお見積りをお出しします。
予算とのズレがなければ、施工業者と工事請負契約を交わします。

工事の着工!

工事中は、建築士が現場を監理。

工事開始後は、私たちがお客様の代理として、工事が計画通りに進んでいるかを厳しくチェックしますのでご安心ください。

だんだんカタチになっていく様子を
愉しんでいただけます。

定期的に私たちが現場をご案内します。どんな工事が進んでいるのかをご説明しますので、
設計が除々にカタチになっていく様子を愉しんでいただけます。
また、実際にご覧になって不安に思ったことは何でもご質問ください。

for example

図面では分からなかったけど、
現場を見たら変えたい部分が出てきた…。

建築士が施工者と調整。変更できる部分は、できるだけ対応していきます。
現場を見て気になることがあれば、何でもご相談ください。

ついに我が家が完成! 最終チェックに入ります。

工事が終わると、仕上がりの最終チェックに入ります。施工者のチェック・建築士のチェック・お客様ご自身のチェックと、3回チェックを行い不具合がないかを確認します。建築士が、どんなポイントに気をつけてチェックしたら良いのかをお伝えして、一緒にチェックしていきますのでご安心ください。
不具合があれば是正工事を施して、いよいよお引き渡しとなります。
引っ越しの後に必要となる登記の手続きは、信頼できる司法書士をご紹介いたします。

新生活がスタート!

実際にお住まいになって、気になることがあれば、いつでもご相談ください。
家を建てて終わりではなく、ここからが新しいスタートです。

年に一度は、私たちがお宅を訪問いたします。

一緒に家創りをさせていただいたお客様とは、生涯お付き合いが続くものと考えています。
その後も、年に一度は私たちがお宅へお伺いすることにしていますので、
お住まいになるうちに気付いたことは、何でもご相談ください。